胎内くぐり

 

胎内くぐりとは、参道の鳥居にある大きな茅の輪をくぐり、半年間の穢(けがれ)を清めて、厄災から逃れるという行事です。石原の赤城久伊豆神社でも行われます。

 

夏越の祓い(なごしのはらい)ともいわれる胎内くぐり。

自分のかわりにおはらいを受けてくれる人形(ひとがた)

というものがあるのをご存知でしょうか?

写真(左)のような人形に名前と年齢を書き、その人形で身体を撫でて息を吹きかけ、罪穢れを移すというものです。

 

 

夏を前に、胎内くぐりでリフレッシュにされてはいかがでしょうか?

 

開催時期

6月30日

 

開催場所

髙城神社

 

住所

熊谷市宮町2-93

 

お問い合わせ

髙城神社 電話番号:048-522-1985